キャンプ用品のここ数年の値上げ率はどれぐらい?【キャンプデビュー時に購入した道具で検証】

道具まとめ
スポンサーリンク

こんばんは。

ついこの間までウチのママが、ビア缶チキンで使うビア缶は、ビールを飲みほしたあとの空き缶を使っていると思い込んでいたことが分かって、ちょっとだけ衝撃を受けたペロティです。

どぞ、よろしく。

ママ
ママ

なんで、空き缶の上に乗せる必要があるの?意味わかんないし、なんか汚くなーい?

とか思ってたらしいですよ。だから、私が何回かビア缶チキンをやろうと提案しても全力で拒否されてたんですよ。汚いだけじゃん!みたいなw

ブログを始めてからもうすぐ7年が経過

当ブログも始めてからもうすぐ7年が経過しそうです。キャンプを始めたのも同じ年ですので、もうすぐ7年ということになります。

7年前の6月にブログを始めて、7月にキャンプデビュー。

ブログを始める6月前後ごろは、ちょうどデビューに向けてキャンプ用品を買いあさってた時期です。ちょうど7年前の今頃も、ネットサーフィン(古っ!)しまくりながら、キャンプ用品を調べまくっていたと思います。

そして、デビュー前にキャンプ用品をそれなりに買いそろえました。キャンプデビュー前にそろえた道具シリーズなんて記事も書いたりして。

その後も、デビュー前に買いそろえた道具がどうなったかを書いたりしてました。

大して人気があるわけでもないのに、懲りずにけっこう書いてるなーw

デビュー時に購入したキャンプ用品の値上げはどれぐらい?

7年前の2013年から2014年ぐらいにかけていろんな道具を買いあさりました。それから年月が過ぎて、キャンプ用品もかなり値上がりしましたよね。

キャンプブームも後押ししてか、キャンプ用品の値上げ状況って結構エグイ物があったと思っています。

では、何がどれぐらい値上げしたのでしょうか?

ちょっと気になったので、自分がデビュー当時に購入した定番アイテムをベースに値上げ率を調べてみようかと思ったわけです。

過去の販売価格って、自分の購買履歴とかないとなかなか調べられないですよね。そういうわけでも、自分で購入した物に限定した形になってしまうかなと。

それと、PB商品なんかは顕著なんですけど、すでに廃盤になっている商品も数知れず。特に私もデビュー前によく買ってたアルペングループのサウスフィールドのアイテムなんかは壊滅状態ですね。

そういった商品は比較のしようがないので省略しています。

ということで、調べてみたら、そこそこ数がありそうでしたので、メーカー別にご紹介していきます。

消費税が2013年当時は5%だった(懐かしい!)こともあり、税率の変更で商品価格が変わったりすることもあるかと思いますので、今回はすべて消費税を除いた価格で比較してみたいと思います。

尚、参考とした価格は、定価があるものは定価であったり、定価でなくても最安値や各社横並びの定価みたいな参考価格など、商品によってバラバラですが、とりあえず各商品の販売状況を見ながら価格を入れています。

なんだかよくわからん説明ですけど、これ以上説明するのも面倒なんて、とりあえず見てくださいな(投げやり)。

コールマン

まずは代表的なアウトドアメーカーであるコールマン

デビュー時に購入して、さらに今も取り扱い(後継商品含む)がある商品の価格推移はどうなっているのでしょうか。

商品名2013~2014年当時価格(税別)現在(2020年)の価格(税別)増減額値上げ率
タフワイドドームスタートパッケージ29,905円34,981円+5,076円+17%
LPガスランタン ノーススター25007,200円7,436円+236円+3%
ファイアープレイステーブル9,505円10,604円+1,099円+12%

タフワイドドームはグランドシートやインナーシートが付いているスタートパッケージです。私が購入した当時は300EXⅢでしたが、今はⅣ/300という型番になっています。

Amazonや楽天で値段がけっこうばらついてまして、楽天だと若干高い感じです。今回は最安値のAmazonの価格にしてみました。

これで17%の値上げ率。思ったよりも値上がりしていない印象です。

定価ベース(税別48,000円)ならもっと高いですけどね。私が買った時の29,905円というのが定価だったかどうかは覚えがありません。。。

ノーススター2500は、私が購入した時の価格が本当にこれだったかは怪しいです。。

そして、ファイアープレイステーブルは+12%という値上げ率。こちらも思ったよりも値上がりしてないなーと思ったんですが、楽天やAmazonで見ると、店によってかなり値段にばらつきがあります。

今回は最安値だったAmazonの価格にしています。

こちらも定価ベース(税別14,363円)ですと、約1.5倍になっています。こちらは、私が購入した当時は定価ベースでこの価格だったと記憶してますので、そうやって考えると、やはりそこそこ値上がりしてることになります。

しかし、今回調べてみて思ったんですが、コールマンの商品って、結構店によって値段が違うんですね。以前はどこも定価販売だった気がするんですが、結構安く売ってる店も多かったです。

他のメーカーは、例によってどの店で買っても同じ価格~みたいな感じなんですけどね。

アレですかね、以前紹介したことありますが、昔公正取引委員会にやられたからそのあたり緩くなってるってことなんでしょうか。

ということで、まとめると、定価ベースだとけっこうな値上げ具合ですけど、店によっては意外と安く売ってるので、実売価格ベースではそこまで値上げになっていないってところでしょうか。

サンプル数少ないので、断定するまではできませんけど。

スノーピーク

続いては、高級メーカースノーピークです。

こちらも私がデビュー当時に購入していた商品を基準に調べてみました。

商品名2013~2014年当時価格(税別)現在(2020年)の価格(税別)増減額値上げ率
パイルドライバー5,238円5,300円+62円+1%
ソリッドステーク30×6本セット2,571円2,480円-91円-4%
たねほおずき3,800円4,000円+200円+5%
ランドロック123,619円159,000円+35,381円+29%

まず、パイルドライバーソリッドステークについては、思ったよりも値上げしてないですね。ていうか、ソリッドステークに至っては値下げ!? ホントかー!?と思ってたら、ホントに値下げになってるっぽいですね。

たねほおずきの値上げ幅ぐらいならかわいいものですよね。

しかし、やはり特筆すべきはランドロックでしょう。

値上げ率は約30%程度ですが、やはり高額商品なので値上げ額がヤバいですね。当時から型が新しくなってるとはいえ、なかなかの値上げ額ではないでしょうか。

ま、私は格安で譲っていただいたので、まったく定価なんか関係なかったですけどねw

スノーピーク全体で見たら、もっと全体的に上がってますよね。私が購入した商品がそんなに上がってないだけでしょうね。

ユニフレーム

続いては、私のお気に入りメーカーのユニフレームです。

商品名2013~2014年当時価格(税別)現在(2020年)の価格(税別)増減額値上げ率
ファイアグリル4,381円6,818円+2,437円+56%
ファイアグリル収納ケース1,810円1,727円-82円-5%
ファイアグリル ヘビーロストル2,095円2,727円+632円+30%
焚き火テーブル6,667円7,182円+515円+8%
fan5 DX13,796円14,091円+295円+2%
キャンプケトル4,813円8,000円+3,187円+66%

ファイアグリル本体はなかなかの値上げですね。+56%て。。。 高くなったなー。

ヘビーロストルもまあまあ値上げしてますけど、収納ケースだけは謎の値下げ。

焚き火テーブルは思ったよりも値上げしてなかったなー。ていうか、最初から高かったのかw

そして、特筆すべきはこれですよ!キャンプケトル!

驚異の+66%ですよ! エグイな~ 4,800円から8000円て、ほぼ倍になってる印象ですよ。

ちなみに現在品薄になっているようです。

ユニフレームは全体的に値上げ率が高かったですね。定番商品が多いんですけどね。

その他のメーカー

最後はその他のメーカーをまとめてご紹介。

メーカー商品名2013~2014年当時価格(税別)現在(2020年)の価格(税別)増減額値上げ率
ロゴスフラットクーラースタンド2,371円2,273円-99円-4%
ジェントスEX-777系2,189円2,382円+193円+9%
コーナンコーナンラック1,980円2,280円+300円+15%
SOTOST-3014,381円8,000円+3,619円+83%
SOTOスライドガストーチ1,370円2,000円+630円+46%

ロゴスは、ほとんど商品を持ってなかったので、このフラットクーラースタンドぐらいでした。そして、それがまさかの値下げ。

ロゴス(LOGOS) フラットクーラースタンド 73160154

ま、これも結構店によって値段の開きがありましたけどね。

しかし、このフラットクーラースタンド、実は私が持っている道具の中でけっこう優秀な方で、数少ないデビュー前に買ったけどいまだにバリバリレギュラーで活躍している道具の1つなんです。

ジェントスのEX-777系(現行はEX-V777D)は、果たして今売っている型番と同じとみなしていいのかよくわかりませんが、思ったよりも値上げしてなかったかな。コーナンラックもですね。

しかし、特筆すべきはSOTOですよ、SOTO。

ST-301は、増減率が脅威の80%越え!ほぼ倍ですな、倍。

スライドガストーチもそこそこ値上げになっていました。

このあたりもサンプル少ないので、アレですけど、全体的に相当な値上げになってるのかもしれませんね。

まとめ

ということでまとめです。

何となく数値をまとめてみましたが、思ったよりも値上げしてないかなというのが率直な感想です。

何というか、2割3割増しは当たり前で、5割6割増しもまあまああるっていうイメージなんですが、さすがにそこまでではなかったかもしれません。

中には相当な値上げになっている商品もありますけどね。

どちらにしても、サンプル数が少ないので、一概には言えませんけどね。

しかしこんな記事書いて、はたして需要があるのかどうかさっぱりわかりませんな。

ま、たまにはこういうのもいいかな。

以上でーす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました