GW後半戦&令和初キャンプは戸隠へ in 戸隠イースタンキャンプ場 その1

長野県のキャンプ場

こんばんは。

今日は某キャンプ場の予約合戦に参戦してみたものの惨敗したペロティです。

どぞ、よろしく。

スポンサーリンク

今年のGWは長野で3泊

先日ダイジェスト版で更新したGW後半の長野キャンプレポを書き始めますね。

前回も書いたように、今年のGWのキャンプは、いつも行っていた富士山から長野方面に変更となりました。

いつも通りのメンバーのグルキャンで、予定では5月3日~5日の2泊予定だったんですが、我が家はがっつり10連休中ということもあり、せっかくなのでこの前にも1泊したろうと思っていました。

3日からは、しょーちゃんが手配してくれた、長野にある飯綱東高原オートキャンプ場に宿泊予定だったので、その近辺にある戸隠キャンプ場戸隠イースタンキャンプ場に行ってみようと思っていました。

どちらも有名なキャンプ場ですよね。いろんな方のブログで見ていたので、一度は行ってみたかったところです。

しかし、戸隠は名古屋から見るとかなり遠いので、なかなかこういう長期連休のときじゃないといけませんよね。しかもどちらのキャンプ場もフリーサイトは予約不要(そもそも予約できない?)ということで、キャンプブームでどこもいっぱいのGWではあるものの、標高が高くて気温が低いこともあり、どちらかには入れるだろうという算段で現地に向かうことにしました。

2019年5月2日(木祝)1日目

前日は夜10時に就寝し、まだ夜中の3時ごろに起床。積み込みは前日までにある程度済ませておき、あとは食材などの準備をして、寝ている子供たちも積み込んで4時ごろ出発となりました。

夜中出発はワクワクします

相変わらず、この夜中出発は、連休ならではって感じでワクワクします。子供たちも夜中出発が大好きだったりします。かいなんかは出発してすぐの時点では「もうずっと起きてる!」とか言って起きてました。結局高速入ってしばらく経ったら寝てましたけどw

で、中央道をひたすら走り、普段なかなか走ることのない長野道に入り、梓川SAまでノンストップで走りました。

約200kmノンストップですね。

その後も順調にひた走り、朝8時過ぎには戸隠キャンプ場あたりに到着。

戸隠キャンプ場と戸隠イースタンキャンプ場どっちにするか

で、向かい合っている戸隠キャンプ場戸隠イースタンキャンプ場、どちらにするかまだ決めていませんでした。

ということで、それぞれの受付で確認しつつ、場内を見せていただくことにしました。

どちらも初めてのキャンプ場ですけど、このとき見た感じや聞いた情報をもとに、ペロティ主観で両キャンプ場の特徴というか、主に違う点などをまとめてみました。

戸隠キャンプ場(フリーサイト)の特徴(主に戸隠イースタンとの比較)

・かなり広い、まあまあ混んでいた
開けた感じで開放感がある
・比較的平坦な場所も多い
トイレはどこもきれいで複数あり
お値段が高い、特に今回はハイシーズンのためツールームだと6000円、さらにタープも張ろうとすると+1500円!
・8:30チェックイン 10:00チェックアウト → 混んでいるときでも10時過ぎなら場所が空くことも

戸隠イースタンキャンプ場(フリーサイト)の特徴(主に戸隠キャンプ場との比較)

・かなり広い、そこそこ混んでいた
・どちらかというと森林サイトで開放感は少ない
・雪解け水の影響からか、全体的に地面が湿ったりぬかるんでいたりしている
・若干うっそうとした雰囲気を感じた(この日の朝に入ってみた印象)
平坦な場所が少ない
水洗トイレは1か所のみで、他は汲み取り式
お値段は安い。3600円(ツールームにタープをプラスすると追加料金か)
・直火可能
・チェックイン・アウト時間フリー → 利用する側にはかなりいい条件だが、逆に混んでいるときのインだと、撤収組がいつ撤収するかわからないのでつらい面も

以上のような条件だったのですが、散々迷った挙句、結局戸隠イースタンキャンプ場にしました

ママに意見を聞きながら決めたのですが、コアな読者のみなさんならご存知かと思いますが、我が家のママはとにかくトイレがきれいで近いことが一番重要なのですw

その点、戸隠キャンプ場の方がいい感じに思えましたが、いかんせん金額が高すぎる!

ママは金額も重要なのです。。。特にこのGWは長期連休ということもあって、いろいろ出費が多いので、少しでもコストは押さえたいという思いもあり、戸隠イースタンになりました。

戸隠イースタンを見たときに、ただ一つあるきれいなトイレの近くに、テントを張れそうなスペースがあったことも決め手となりました。

設営完了

受付した後、予定していた場所にて設営完了。

翌日にはまた撤収して、次のキャンプ場に移動→設営となるので、この日は余分なものは出さずに、タープも張らずに簡単に済ませました。

森林サイトでしたけど、木々の間から見える雪山がきれいです。

朝キャンプ場に入ったときには、予想以上の寒さもあって、山特有のややうっそうとした感じを受けましたが、日が昇ってくると気温が上がってきたこともあり、その雰囲気も心地よいものになってきました。

言葉では非常に説明しづらいんですけど、ホントに独特な雰囲気があるキャンプ場だと思いました。

かいがハチドリ?のような小さな鳥を見つけて必死でシャッターを切ってました。

場内にはまだ雪山が残ってました。子供たちはひたすらこの雪山で遊んでたなー。買ったばかりの靴をドロドロにして。。。

昼食の後は直火で焚き火

お昼ご飯は簡単に冷凍チャーハンです。

昼食の後は直火で焚き火です。

今回薪を持ってきていなかったんですが、最初は場内にたくさん落ちている枝や枯れ木を薪にしようと思ったんですが、湿ってるせいかちっとも燃えませんでした

しょうがないので薪を購入してきました。600円でちょっとお高めでしたけどね。

子供たちはゆるきゃん△で見たスモアを作ったりして。

おいしかったみたいですね。

で、この後は特にやることもなく、焚き火をしてましたけど、拾った枝や枯れ木がなかなか燃えなくて煙ばかり出て、ママには大不評でしたw

早めに温泉に行ってみたけど、微妙な施設でした。。。

結局やることもなく、子供たちもうるさくなってきたので、早めに温泉に行くことにしました。

行った先は、戸隠神社中社の近くにある戸隠神告げ温泉湯行館(ゆに~くかんと読むらしいw)です。

写真を撮るのを忘れたので何もないのですが、この温泉施設がちょっと微妙でした。。。露天風呂もなく、内湯が一つだけの小さな温泉だったんですが、若干建物が古くてやや清潔感にかける感じだったのと、お値段もそれなり(大人600円、子供300円)だったんですよね。

翌日のキャンプ場の温泉と比べると、さらに微妙な感じが否めませんでした。。。

お湯はまあまあよかったですけどね。

そんな感じで早めにお風呂に入ったあと、キャンプ場に戻りました。

といったところで、次回に続くにしときます。相変わらずの小出し感ですみません。。。相変わらず眠いので。。。

コメント