GWキャンプ ハシゴキャンプで移動 in 飯綱東高原オートキャンプ場 その3

未分類

こんばんは。

お盆キャンプの予約取り合戦に完全に出遅れてキャンプ難民になりかけているペロティです。

どぞ、よろしく。

よさそうなキャンプ場のお盆はもうだいたいどこも埋まっちゃってきてますね。ホント、こればっかりはキャンプブームの弊害なんだろうなー。でも、なんとかしてほしいわー

さて、GWの長野ハシゴキャンプレポの続きです。

スポンサーリンク

2019年5月3日(金祝)2日目

長野市街のツルヤで買い物してから、次のキャンプ地である飯綱東高原オートキャンプ場に向かいました。ここからはいつものメンバーとグルキャンです。

受付もしょーちゃんが済ませてくれていたので、サイトに直行。

さっき撤収したばかりだけど設営完了

そして今朝撤収したばかりのベルテント設営完了です。撤収して設営はやっぱりしんどいやね。

焚き火タープはゆずちゃんのサイトにまたがって、共同リビングとして設営させてもらいました。

あ、子供たちも素敵なテントを立ててましたねw

あ~~~、これ、もうテントの一部のシートが取り払われてしまってる不完全バージョンの画像だったー。ホントはこれにもう1枚ぐらいシートが張ってあって、なかなか居心地よさそうなテントになってましたよ(果てしなくどうでもいい情報)。

で、そのあとはみなさんとだべったり焚き火眺めたりなんかして

戸隠ほどじゃないんですけど、やっぱり夕方あたりが寒いんですよね。

夕食は豚バラのマーマレード漬け

そして夕食の準備です。今回は豚バラのマーマレード漬けを焼きました。

ピント合ってないけど、めっさ焦げてるしw

実家からマーマレードもらったから、スペアリブを漬け込んで焼こうと思ってたんですけど、買い物に行ったスーパーにスペアリブがなかったので、豚バラのかたまりにしました。

おいしかったけど、ちょっと切り方が分厚すぎたかなー。もうちょっと薄めでもよかったかな。次回やるときの参考にしておこう。

夕食後は、まったりとみなさんで焚き火。

しかし、リマジャグストーブはよく燃えるな。。。ウチのリマジャグも焚き火台にしたくなってくるじゃないかw しないけど。

夜は多少寒かったですけど、やっぱり戸隠イースタンよりかは全然暖かかったです。

そらそうですよね。よく調べたら、戸隠と飯綱東高原では、標高が4~500m違うみたいですからね。地図で見ると、飯綱山をはさんだ反対側に位置していて、けっこう近く見えるんですけどね。確かに車で30分ぐらいなので、近いっちゃあ近いんですけど、標高はずいぶん違うんですね。

ま、あれですよ、戸隠はちょっと別世界って感じですよ。雰囲気的にも。

そんな感じで2日目も終了です。

2019年5月4日(土)3日目

3日目もいい天気です。最低気温も3.8℃と戸隠ほどではなかったです。

朝食は和食

朝食は、前日にママが作ってくれていた豚汁と

おにぎりに鮭に目玉焼きにきゅうりの浅漬けという和食で。

子供たちも和食の方が食べっぷりがいいんです。

どこか観光に行こうかとも思ってましたけど…

この日は撤収も設営もない完全フリーの中日だったので、どこか観光でもいこうかとも思ってました。

候補に挙げてたのは、戸隠にあるチビッ子忍者村とか、これまたちょっと別の場所にある忍者からくり屋敷とかでした。こないだ伊賀でキャンプしたときぐらいからすげー忍者好きみたいになってるなw そんなに興味があるわけではないんですけどね。どうでもいいですけど、ジャニーズに忍者ってグループいましたよね?あれ、どこ行ったんですかね?

そんな感じの忍者推しの戸隠でしたが、前日、前々日に戸隠あたりの渋滞を目の当たりにしているのと、この時点ですでにだいぶ出遅れていることもあって、結局外出・観光はやめておきました。

近場で過ごすことにしました

といっても、サイトでボーっとしているの何なので、飯綱東高原オートキャンプ場と同じ敷地内のアクティビティエリアへ行ってみることにしました。

キャンプ場から降りていくと、山の景色がとてもきれいです。飯綱山かな。

戸隠もそうでしたけど、ここもやはり山が近いんですよね。湖と山がきれいです。

キッズパークエリアには様々なアクティビティがありました。すげーどうでもいいですけど、「アクティビティ」って言うと、なんかすげー気取って聞こえてしまうのは私だけ?あ、たぶん私だけですね、どうもすみません。

エアートランポリンとか、普通のトランポリンとか

おもしろ自転車とか

噂のスーパースライダーとかがありました(たぶんだれも噂してないと思いますけど)。

子供が楽しめそうなものがたくさんですが、いかんせんどれもこれも有料です。。。

我が家のような3人きょうだい5人家族とかだと、一つ一つの料金が少なくても、いろいろやると結構な金額なってしまうので、やっぱりちょっと躊躇しますよね。あ、単純にケチだって噂もありますが。

しかし、やはりスーパースライダーはやっとくべきでしょ!?ってなことで、スーパースライダーにみんなで乗ることにしました。

そして、こんな中途半端なタイミングで「続く」にしたいと思います。お次をお楽しみにー

コメント