スタンレー 真空パイントをちょっと前に人数分買いそろえていました。

小物系

こんばんは。

相変わらず進撃の巨人の続きがレンタルコミックで借りれずに、代わりに借りてきたグラゼニにかなりハマりつつあるペロティです。

どぞ、よろしく。

グラゼニおもしろい! 確か結構前に磯野さんも面白いって言ってたような気もするな。

スポンサーリンク

先週末は運動会でした

先週末はかいとふーの運動会だったこともあり、ノーキャンプでした。

ま、天気予報的にもイマイチでしたけどね。結局ほぼ降りませんでしたけど。

でも、最近こんなの多いですよね。天気予報では雨予報なのに結果ほとんど降らなかったみたいな。いわゆる降る降る詐欺ってやつですな。

ま、元からキャンプ予定にしてないからいいんですけど。

ということで、かいにとっては小学校最後の運動会でした。

徒競走は、かいもふーも見事に1着でした。

最後の運動会ってのはちょっと寂しいものですね。

いつも通り学区内の読者の方との交流

そういえば、いつも運動会でお会いする当ブログの読者のお父さんにもまたお会いして、ちょっと立ち話なんかしたりしてました。ま、運動会でしか会わない方なんですけどね。

いまだに読んでいただけてるようで、とてもうれしかったです。

いつもブログ読んでますよ!ペロティさんのブログは読みやすいですよね!

ペロティ
ペロティ

あ、ありがとうございます!

あれですよね、いつまでも変わらないというか、こだわりがない感じがいいですよね!

ペロティ
ペロティ

は、はあ…

深くないというか、こだわりがない感じがいいんですよ!

ペロティ
ペロティ

あ、ありがとうございます。。。

えと、これ、ディスられてますよね?w

いやいや、うそですよ。ホントによく読んでいただけてるみたいで、とてもうれしい反面、照れくさかったですね。で、いつまでたっても素人っぽさが抜けない感じがいいみたいです。あれ?やっぱ、これ、ディスられてるよね?w

そんな感じの運動会でしたが、今日はちょっと道具の話題でも

楽天スーパーセールでスタンレー真空パイントを追加購入

少し前になりますけど、楽天スーパーセールでスタンレーの真空パイントを追加購入してました。

スタンレー スタッキング真空パイントとは

スタンレーの代名詞「真空ボトル」に裏打ちされた、保温・保冷機能と、高い耐久性の技術を駆使した、1パイントサイズのタンブラーです。パイントとはアメリカやイギリスを中心に使用されている単位で、1パイントはアメリカでは473ml、イギリスでは568mlとされており、中ジョッキ感覚のタンブラーです。

ま、よくある保冷機能つきのタンブラーなんですけど、完全に私の、いや我が家のお気に入りのタンブラーになっていて、家でもキャンプでも使い倒しています。

過去の真空パイントゲット履歴

一番最初に買ったのは、去年の年末に行ったFIELD STYLEでした。

ここで安くなっていたこともあり、白とシルバーの2つを購入。

その後、メルカリで1000円クーポンがあったこともあり、もう1つ購入。記事にはしてませんでしたけど、黒を購入してました。

そんでもって、今年のアウトドアデイジャパンのスタンレーのコーナーで輪投げで緑をゲットしました。(ママが…)

そんな感じで、いつの間にか4つそろっていましたが、我が家の構成員は全部で5人…

5つ目に赤を購入

何となく人数分揃えときたいよねーってな感じで、5つ目を購入しました。

今回は赤を購入。

箱から出してみます。

写真で見てたのよりかはいい色かも。

ということで、今まで購入したのも全部並べてみました。

誰が何色とか決まってるわけではないんですけどね。なんとなく私はシルバーを使っています。

スタッキングしてみました。

このタンブラーのいいところの1つが、このスタッキングですけど、5つぐらいになってくると、結構な高さになってしまします。。。 それでもスタッキングできないよりはよっぽどいい感じです。

何となくフォーメーション的な感じでも並べてみました。

ちょっと戦隊モノチックな感じじゃないですか?ゴレンジャーみたいな。真ん中レッドだしw

いつも置いておくキッチンの棚のスペースにもドンピシャな感じに並びます。

ホントにお気に入りの品で、去年のフリーザ一味が選ぶ我が家のベストアイテムにも選ばれましたよ。

あ、何回か言ってますけど、このフリーザ一味シリーズは個人的に好きなシリーズだったりします。そのうちまた書くと思うのでお楽しみにー(誰も待ってなさそうですけど)。

スタンレー真空パイントのいいところ

保冷力・保温力

まずはやはりその保冷力と保温力ですね。

公式でも、保冷力:10℃以下で4時間、保温力:60℃以上で45分 となっています。

いつも夜この真空パイントで晩酌して、氷を入れたままキッチンに置いておくんですけど、朝になってもまだ氷が残ってるのなんかザラです。

保冷でなく保温に使えるのもいいんですけど、かなりちんちん(あ、名古屋弁で「かなり熱い」という意味ですよ。決して卑猥な意味ではありませんよー)な状態の飲み物なんかを入れると、冷めづらくて飲みづらいということもよくあります。

スタッキングできる

上の方でも書きましたけど、スタッキング可能です。

ま、多い数のスタッキングをすると結構長くなってしまいますけどね。それでもスタッキングできないよりは全然いいですよね。

ちょうどいいサイズ感

真空パイントは、その「パイント」のサイズ通り、0.47Lの容量となっています。

これがちょうどいいサイズ感で、350mlのビールなんかを注ぐと、泡とかも考慮してちょうど1本分入りきる感じです。

逆に、ビールの注ぎ方をミスったり、あまり冷えていなかったりすると、泡が多くなって、1本分入りきらなかったりします。そういう場合はいわるゆ失敗パターンとなります。ま、この真空パイントに350ml1本分入りきらなかったら入れ方失敗と言うことで、一種のパラメータみたいな感じにもなりますね。

食洗器もOK

これ、食洗器もOKだったりします。

といっても、実は我が家はこの真空パイントは食洗器に入れてませんけどね。食洗器突っ込むとすぐに悪くなるような気がするので、これだけは手洗いにしてます。

ま、他の食器はほぼ全部食洗器で洗ってますけどー

家でもアウトドアでも

ま、他のアウトドア系の食器もそうかもしれませんけど、この真空パイントも家でもアウトドアでも使いやすい感じになっています。

実際我が家もバリバリ普段使いしてますけどね。そうすると、キャンプに行くときに忘れていく確率も上がってしまうわけですけど。。。

いわゆる「家との兼用の道具は忘れやすい」の格言通りですね。

まとめ

そんな感じの我が家の一押しアイテムの「スタンレー 真空パイント」ご紹介でした。

価格は1つだいたい2700円となっていて(増税後は2750円?)、たかがコップのくせにいいお値段しやがります。

我が家みたいに5本とかそろえると、まともに買うと楽勝で10,000円を超えちゃいます。たかがコップにしては高いですよね。

それでも、それぐらいの価値はあるいい品物だなーといつも思ってます。

いっそのこと買っていない他の色もそろえてみるかな。。。w

コメント