PORTER(吉田カバン)のサコッシュを購入

小物系

こんばんは。

急に太陽とシスコムーンを思い出して懐かしんでいたペロティです。

どぞ、よろしく。

え?太陽とシスコムーンを知らない!?ハロプロですよ?のちにT&Cボンバーに改名したあの太陽とシスコムーンですよ!

スポンサーリンク

なんとなくサコッシュが欲しかったんです

さて、先日、サコッシュを買ってみたので、レビューを書いてみたいと思います(唐突)。

何となく、小物を入れることができるカバンが欲しかったんです。プライベートでは、ほとんどカバンとか使わないんですけどね。

いざ、使いたいってときに何もないなーって思ったこともあり、なんとなく今流行りのサコッシュなんかいいんじゃないかと思ってました。

なんかよくわかりませんけど、流行ってますよね、サコッシュ。

サコッシュとは

サコッシュ(Sacoche)とは、フランス語でカバン・袋という意味で、もともと自転車レースでレーサーが食料やドリンクなどを入れるのに使っていたショルダータイプのバッグが発祥で、一般的にマチがなく平ぺったいデザインで、モノを取り出しやすいのが特徴です。

もはや、流行りというよりは定番化してるような気もしますが、アウトドアシーンでもよく見るというか、アウトドアチックなアイテムとも言えるんじゃないでしょうか。

買ったのはメジャーブランド PORTER(吉田カバン)のサコッシュ

で、いろいろと物色してました。

アウトドア色の強いグレゴリーワイルドシングスのがいいかなーなんて見てました。

でも、結局PORTERのサコッシュを購入。

アウトドア色は薄いですけど、誰もが知るカバンブランドのPORTERです。作りや品質には間違いないだろうと。

今回購入したのは、PORTERのサコッシュのコッピというタイプなんですけど、やや大きめな作りなのと中の仕切りポケットが多めだったりするのが気に入ったってのもあります。

PORTER コッピ サコッシュ

そんなわけでレビューしていきますね。

外観・パーツ

色はキャメルを選択しました

たぶん写真で見るよりも落ち着いた感じの色目だと思います。コッピでは、他にもグレーやネイビー、グリーン、ブラックなどがあります。ネイビーが人気色ですかね。逆にキャメルやグリーンはちょっと攻めた感がある色になってると思います。ただ、実物はそこまで攻めた感はありません。

ボタンが一つだけロゴ入りのオレンジになっています。さりげない感じですけど、この辺がおしゃれでいい感じです。

さりげないロゴのタグです。

下の部分に立体裁断をしてあるので、これでマチが若干ある感じになっています。

表生地はコットンポリエステルアックス(パラフィン加工)だそうです。

なんだかよくわかりませんが、コットン感が強くていい感じです。コットンポリスエルテルアックス(パラフィン加工)って何ぞや?と思って調べたところ、公式サイトに以下のように書いてありました。

素材は、アウトドアウェアなどにも用いられるコットンポリエステルクロスで、経糸に染色したコットン糸、緯糸に原料の段階から着色した黒のポリエステル原着糸を使用することによって生まれる独特のシャンブレー感が特徴です。
撥水性を高めるためにパラフィン加工を施しています。オイル感を残した仕上げにしているので、使用する程に生地が馴染み、ヴィンテージ感を醸し出す味わい深い素材です。

PORTER 公式サイトより

ふむふむ、なるほど。つまり縦糸にコットンを使って、横糸にポリエステルを使ってるってことですね。なるほど、シャンブレー感ですよ、シャンブレー感!ええ、いいですよねシャンブレー感。(ただシャンブレー感って言いたいだけ)

ちなみに、今日使っていた時にちょうどすごい雨が降ってきて、少しだけ濡れたんですけど、いい感じに撥水してましたよ。

バッグの中にもさりげなくロゴが印刷してあります。

バッグの中には3つのポケットがあります。どれもスマホがすっぽり入るいい感じの大きさです。

入り口のふたをするのは、この3つのボタンなんですけど、この3つのボタンがとてもはめやすく、外しやすい絶妙な感じになっています。このあたりの加減がさすがって感じだと思いました。

裏面です。チャックのポケットが一つついています。

ストラップです。サコッシュにしてはやや太めですね。

実は、このストラップが太いのと、取り外しできないのがやや気になってはいたんですけど、まあ取り外して使うことはないかと思ったこともあってこちらに決めたってこともありました。

おっと、恒例のスーパードライとの比較を忘れていたので載せておきますねw

内容量的にどうか

続いて気になる内容量です。

B5ノートと10インチタブレット、スマホに財布が入るかどうか。

一応入りましたが、いっぱいいっぱいな感じです。

入ったものの、ふたのボタンが閉まりません。

最初からいきなりハードル上げすぎですねw どうやら(中身は入ってないくせに)分厚い財布がネックになっているようです。

財布を抜くときっちりボタンまで閉めることができました。

B5サイズノートや10インチタブレットは問題ないってことですね。

続いて、スマホに財布に500mlのペットボトルです。

これも問題なく入りました。一応ボタンも留まってます。

今度とある資格の試験があるので、その時に使おうと思っているんですが、そのときに持って行くテキストやらノートやら筆箱やらも入れてみます。

一応入ります。

ただ、やっぱりボタンは留まらないですね。

あと、スマホ+ミラーレス一眼も試してみました。

これも入りましたが、入れ方に工夫がいりそうでした。

相対的に、ちょっと厚めのものを入れるとけっこう厳しめな感じになりますけど、そもそもサコッシュってそんなに荷物を入れる用にできていませんからね。サコッシュにしてはかなり容量大きな方ではないでしょうか。

背負ってみた感じ

あ、一応身に着けてる感じの写真も撮っておきました。

汚い鏡に向かって撮ってますんで、ピントのずれとか、若干Tシャツがしわしわなのとか、「なんだペロティ、痩せたって言ってたくせに全然まだまだじゃねえか」みたいな批判は受け付けませんのでご注意を。あと、若干生え際やべえ感じに見えますけど、まだまだそこも全然大丈夫なペロティですよ。

しょってみた感じは、フィット感があっていい感じでしたよ。

PORTERのサコッシュ コッピとミュゼットの比較

最後に、今回私が購入したコッピと、似たようなモデルのミュゼットの比較を書いておこうと思います。

コッピとほぼ同じ形、同じ大きさでミュゼットというタイプもあります。

価格的には、ミュゼットの方が1000円ぐらい安いです。

違う点は、ミュゼットの方が生地がポリエステルで、カラーバリエーションも暗めの3色しかないのと、あとボタンもシンプルな仕様となっています。

そのおかげで、ビジネスシーンでも使いやすいというメリットがあるようです。

ただ、おしゃれ感はコッピの方が強いですね。ボタンの仕様や色の感じでずいぶん印象が違うと思います。

また、購入後のレビューコメントを見てみると、コッピの方がより体にフィットする感じが強いようです。

そう考えると、ビジネスシーンでの使用もあるのであればミュゼット、カジュアル、アウトドアシーンメインでの仕様ならコッピといったところでしょうか。

以上、PORTERのサコッシュレビューでした。

コメント